おすすめのミトコンドリアサプリを成分や評判で徹底比較し、ランキングで紹介します!

ミトコンドリアには、細胞の老化を遅らせることができる老化防止効果や、ダイエット効果があると言われています。

それ以外にも、不妊治療にも効果があると言われているのです。

ミトコンドリアには、細胞活性化させる為に必要な「ATP(アデノシン三リン酸)」を生成しています。
このATPは、どの生物にも共通して存在している高エネルギーで、これが不足すると体調不良を引き起こし、様々な病気にかかりやすくなります。

特に、ミトコンドリアが不足するとATPの機能が低下し、細胞質の老化が起こります。

そうなると、卵子の質の低下が起こり、妊娠率・生産率が低下するのです。

よく、女性の年齢が増加すると妊娠率・生産率は低下すると言われていますが、これは細胞質が老化することによる、卵子の質の低下が発生するからです。

その為、ミトコンドリアを活性化させることにより、老化を防ぎ、卵子の質を保つことができます。

つまり、ミトコンドリアサプリにはミトコンドリアを活性化できる栄養素が多く含まれているので、ATPの生産の一助となり、不妊対策に効果があるのです。

では、一体どのようなサプリが良いのか、下記で解説していきます。

なお、ミトコンドリアサプリはあくまで不妊治療を補助するものであるので、きちんと治療を行いたい場合は、婦人科系の病院へ通院するようにしましょう。

ミトコンドリアサプリのおすすめ5選

ミトコリン

ミトコンドリアサプリの中でもメディアやTV、雑誌などに取り上げられている分だけ知名度と信頼性が高く、各種特許も取得済みの高品質サプリです。

東京医科大学医学総合研究所教授/医学博士の中島利博が作り上げたもので、中島教授はCell、Nature、Nature Geneticsといった、医学、科学雑誌に150以上の学術論文を発表している、優れた医学博士です。

そんな医学博士が作り上げたミトコリン、全国45院でこのサプリを採用されている為、効果・効用に関してはお墨付きと言えるでしょう。

主成分と含有量

ミトコリンの主成分として、デキストリン、黄杞葉エキス、ブラックジンジャーエキス、マンゴージンジャーエキス、ヒハツエキス、HPMC、環状オリゴ糖、結晶セルロース、トウモロコシたん白、ステアリン酸Ca、二酸化ケイ素、カラメル色素が含まれています。

この中でも、ミトコンドリア生成に役立つのは、ブラックジンジャー、マンゴージンジャー、黄杞葉(こうきよう)、ヒハツが挙げられます。

まず、ブラックジンジャー(黒ショウガ)ですが、数十種類のフラボノイドを含んでいます。
フラボノイドはポリフェノールの一種で、抗酸化作用、デトックス作用、アンチエイジングなど様々な効果が挙げられます。

この中に含まれている抗酸化作用が、ミトコンドリアの性能を活性化させる効果が含まれているのです。
その為、ブラックジンジャーに含まれているフラボノイドは、性能の良いミトコンドリアを生成し、ATPを作り、不妊対策に効果があるのです。

次に、マンゴージンジャーですが、こちらはよくダイエット効果のあるサプリに用いられています。
その中に含まれているテルペン類(その中のトリテルペン)という成分が、抗酸化作用に非常に強く働くのです。

植物における「三大機能性トリテルペン」とも呼ばれるオレアノール酸、ウルソール酸、ベツ リン酸は、抗ガン作用、抗炎作用、抗酸化作用、抗高脂血症効果などの生理活性を有し、特許文献としては、これらの関連化合物としてエイジング対応用の皮膚 外用剤、ヒアルロニダーゼ阻害、メタボリックシンドロームを予防および改善する作用を持つ組成物、抗掻痒剤等が報告されています。
http://www.hyoka.koho.titech.ac.jp/eprd/recently/research/262.html 東京工業大学 ブドウのまわりの白い粉をつくる遺伝子を発見 より引用

ブラックジンジャー同様、抗酸化作用がミトコンドリアの性能を活性化させ、不妊対策に効果があるのです。

黄杞葉やヒハツも同様で、黄杞葉に含まれているアスチルビンはブラックジンジャー同様のフラボノイドの一種であり、抗酸化作用が含まれており、不妊対策に効果があるのです。

そして、ヒハツに含まれているピペリン(コショウ科の植物の実に含まれている刺激成分で、つまりはコショウ)には、抗酸化作用(ポリフェノール群、フラボノイド群など)が含まれており、こちらも先程同様の効果が得られます。

つまり、これら4つの成分には、ミトコンドリアの性能を活性化させる抗酸化作用が含まれています。

価格と内容量

Amazon:税込16,200円(30日分60粒の1日2粒)
楽天:税込16,200円(30日分60粒の1日2粒)
公式サイト:税込19,800円 定期お届けコース:税込16,200円(どちらも30日分60粒の1日2粒)

公式サイトの単品や定期購入問わず、Amazonと楽天が一番お得ですが、これは現段階での値段になりますので時期によっては値段が上がっている可能性があるので注意して下さい。

ベビウェル

ベビウェルは、ミトコンドリアの性能を活性させるオリゴ乳酸(LAC)とオレアビータの2大妊活成分が入ったサプリです。

オリゴ乳酸には、腸内環境改善だけでなく、抗酸化作用が含まれたコエンザイムQ10とユビキノール(コエンザイムQ10の還元型で、ミトコンドリア内膜や原核生物の細胞膜に存在する電子伝達体の1つ)を増加させる成分が入っているのです。

また、オレアビータには、TGR5(胆汁酸受容体)を刺激するオリーブ葉が含まれており、TGR5を刺激することにより、新しいミトコンドリアの数を増加させることができるのです。

こちらも各種妊活雑誌やメディアに多く取り上げられ、知名度と信頼性が高い妊活サプリなのです。
また、従来のサプリと異なり8mm程の粒となっているので、服用しやすいのも特徴的です。

品質、知名度、信頼性、服用のしやすさと、多くのメリットが含まれたサプリと言えるでしょう。

主成分と含有量

ベビウェルの主成分には、馬プラセンタエキス、でんぷん、酵母(葉酸含有)、オリーブ葉抽出物、マカ抽出物、マルトデキストリン/乳酸、結晶セルロース、安定剤(プルラン)、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、貝カルシウム、セラック、グリセリン脂肪酸エステルが含まれています。

先程の2つ以外にも、馬プラセンタ、オリーブ葉、マカ、葉酸がミトコンドリアの性能を活性化させる成分が含まれています。

まず、馬プラセンタですが、既にプラセンタ自体に抗酸化作用が含まれています。
しかし、馬プラセンタにはプラセンタに必要なアミノ酸が30倍も含まれており、その上希少価値の高い栄養が保有されているので、従来のプラセンタよりも高い抗酸化作用が望めます。

その為、より高品質のミトコンドリア活性効果が期待できるでしょう。

次にオリーブ葉ですが、こちらには多くのポリフェノールが含まれており、赤ワインの2.2倍、緑茶の3.3倍程になります。
ポリフェノールにはヒハツでも挙げたように、抗酸化作用の働きを高める成分が含まれているので、ミトコンドリアの性能を活性化させます。

その次にマカですが、マカには滋養強壮や女性ホルモンの調整といった効果が挙げられますが、抗酸化作用も含まれているのです。

マカの成分には、オリーブ葉同様ポリフェノールが含まれており、抗酸化作用の働きを高め、ミトコンドリアの性能を活性化させるのです。

最後に葉酸ですが、よく妊活で必要と言われている成分です。

この葉酸に含まれているビタミンには抗酸化作用が含まれており、ベビウェルには厚生労働省推奨のモノグルタミン酸(合成)葉酸を使用しています。

通常のポリグルタミン酸(天然)葉酸に比べて吸収率が2倍近く異なり、その分だけより良い効果が得られるのです。

価格と内容量

公式サイト単品:税込17,280円(30日分90粒の1日3粒)
定期お届けコース:税込13,824円(上記と同様)
カップルセット定期コース:税込25,920円(単品分の×2つ)

現時点ではAmazonや楽天には取り扱いがありません。
その為、公式サイトのみでの購入となります。
なお、定期コースにすると、値段が下がるのでオススメです。

ミトコア300g

ミトコアは、イースタティックミネラルと呼ばれるイオン化ミネラルを含んだ妊活サプリで、従来の抗酸化作用を促す要素とは異なる性質を持っているのが特徴的です。

その特徴として酸化還元が含まれており、抗酸化作用では「酸化をこれ以上させない」ことを軸として行われていましたが、イースタティックミネラルでは酸化を止めて蘇らせる効果が期待されているのです。

つまり、従来の抗酸化作用よりもさらに効果のある抗酸化成分と言えるでしょう。

主成分と含有量

ミトコアの主な成分として、オリーブ油、ジオスゲニン含有植物抽出物(やまいもを含む)、オリーブ葉抽出物、アグリコン型イソフラボン(大豆を含む)/ゼラチン、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、ゼオライト、トウモロコシたん白、着色料(二酸化チタン)が含まれています。

その中でも、ジオスゲニン配糖体、アグリコン型イソフラボンには、ミトコンドリアの性能を活性化させる要素が含まれています(オリーブ葉はベビウェルで解説した為、割愛)。

ジオスゲニン配糖体は通称山芋成分であり、ジオスゲニンには抗酸化作用が含まれているのです。

正確には、ジオスゲニンに若返りホルモンの「デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)」と呼ばれる類似体が含まれており、その中の一つとして抗酸化作用が効果として挙げられているのです。

抗酸化作用の働きを高める分だけ、ミトコンドリアの性能を活性化させるのです。

アグリコン型イソフラボンは、ブラックジンジャー同様フラボロイドの一種で、そしてポリフェノールの一種でもあります。
そのポリフェノールには、抗酸化作用が含まれており、ミトコンドリアの性能を活性化させるのです。
特に、アグリコン型イソフラボンは、グリシド型と呼ばれるイソフラボンよりも吸収性が高いのが特徴的です。

価格と内容量

「Amazon」
ミトコア:税込19,440円(28日分84粒の1日3粒)
ミトコアmore:税込22,680円(28日分84粒の1日3粒)

「公式サイト」
ミトコア:税込19,440円(28日分84粒の1日3粒) 定期注文コース:初回のみ税込9,720円で、2回目以降は税込16,524円
ミトコアmore:税込22,680円(28日分84粒の1日3粒) 定期注文コース:初回のみ税込11,340円で、2回目以降は税込19,278円

単品注文でも公式サイトもAmazonも変わらない上に、定期注文コースを頼むと最初の一回目は半額で、それ以降は15%OFFで購入できるので、公式サイトが一番お得に購入できるでしょう。
ちなみに、ミトコアには通常成分のタイプと、イースタティックミネラル1.5倍配合したミトコアmoreというタイプの2種類があり、それにより値段が異なります。
なお、現時点で楽天には取り扱いがありません。

ミトコプラス

他の妊活サプリの中でも1万円台を切る値段で購入できるのが特徴的で、お得に妊活サプリを手に入れることができます。
これには、製薬会社の交渉による価格交渉や、最新技術投入による粒の減量化による値段低下、資材簡略化によるコストカットと、品質を維持したまま価格帯を下げることに成功したのです。

ミトコプラスは、高品質ポリフェノール「ヴィエアトロール」、高品質濃度リコピン「リコマット」、「カネカQH」と呼ばれる還元型コエンザイムQ10が含まれております。
どれもが抗酸化作用が含まれており、ミトコンドリアの性能をより活性化させることができるのです。

また、プレミアムに含まれている「ミトコプラスプレミアム」には、ALA(5-アミノレブリン酸)が含まれています。
このALAは、ミトコンドリアの機能を維持する為に必要な要素であり、この成分があることによってATPの生産が多くなるのです。
つまり、ATP生産効率を高め、より不妊対策の効果を高める上でも、ALAは重要な要素と言えるでしょう。

主成分と含有量

ミトコプラスの主な成分として、DHA含有精製魚油、ゼラチン、L-カルニチン、L-酒石酸塩、みかん末、ぶどうわかめエキス、還元型コエンザイムQ10/グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、トマトリコピン、カラメル色素、レシチン(大豆由来)、カロテノイド、酸化防止剤(V.E)が含まれています。
その中でも、レチシンはミトコンドリアの性能を活性化させる要素が含まれています。

大豆由来のレシチンは、大豆成分が入っているだけあって、ポリフェノールが含まれています。
これは、先程解説したアグリコン型イソフラボンと同様で、抗酸化作用が含まれており、ミトコンドリアの性能を活性化させるのです。

価格と内容量

公式サイト単品:税込9,698円(31日分62粒の1日2粒)
プレミアムセット(単品とミトコプラスプレミアムのセット):税込12,938円(プレミアムのみ、31日分31粒の1日1粒)

定期お届けコース:税込8,618円(単品と同様)
プレミアムコース:税込11,858円(プレミアムセットと同様)

現時点ではAmazonや楽天には取り扱いがありません。
その為、公式サイトのみでの購入となります。
なお、定期コースにすると、値段が1,000円下がるのでオススメです。

ミトコンサプリP3

2017年4月に楽天ランキング女性総合1位を獲得した妊活サプリで、ミトコプラスよりもさらに低価格なのが魅力的です。
また、一袋ずつ包装されているので、飲み忘れ防止にも繋がり、継続的に服用できるのもポイントとなっています。
とは言え、ミトコンドリアの性能を活性化させる成分はしっかりと含まれているので、効果は期待できるでしょう。

主成分と含有量

ミトコンサプリの主な成分として、ニンニクエキス末含有加工食品、赤ワインエキス末含有加工食品、DHA・EPA含有精製魚油含有加工食品が含まれています。
これら3成分は、ミトコンドリアの性能を活性化させる要素が多大に含まれているので、ATPの生産の一助となり、不妊対策に効果があると言えるでしょう。
また、ミトコンサプリはこれら3つの成分が1粒ずつ分かれているので、それぞれ単体で効果を発揮しやすいのが特徴的です。

価格と内容量

Amazon:税込7,300円(30日分30包の1日1回)
楽天:税込5,400円(上記と同様)
公式サイト:税込8,100円(上記と同様) 初回限定1ヶ月お試し:税込6,000円 初回限定1週間お試し:税込2,000円(7日分7包の1日1回) 1ヶ月定期コース:税込5,750円

公式サイトの単品や定期購入問わず楽天が一番お得ですが、これは現段階での値段になりますので、時期によっては値段が上がっている可能性があるので注意して下さい。

TTC-3

葉酸、マカサプリを超える不妊治療改善サプリであり、この中ではダントツに安いのが特徴的です。
その為、経済的で手軽に手が出しやすいです。
ミトコンドリアの性能を活性化させる基本的な要素は含んでいるので、そこまでサプリに頼りたくない本当に補助を目的として、主菜副菜をきちんと食べ、あくまでサポートで服用する方には丁度良いサプリと言えるでしょう。

主成分と含有量

TTC-3の主な成分として、植物発酵エキス、乳酸カルシウム、マカ濃縮エキス、L-カルニチン、ビタミンC、複合ミネラル(亜鉛含有)、ゼラチン、コエンザイムQ10、西洋タンポポエキス、ブドウ種子抽出物、馬プラセンタエキス、フィッシュコラーゲン、大豆胚芽抽出物、αリポ酸、トマトリコピン、ヘム鉄、ビタミンE、B1、B2、B6、葉酸、ビタミンB12が含まれています。
なお、抗酸化作用が含まれたマカ、コエンザイムQ10、ブドウ、馬プラセンタ、大豆、リコピンの要素は解説済みなので、割愛します。
低価格な上にこれ程までにミトコンドリアを活性化させる要素が含まれているので、コストパフォーマンスは高いでしょう。

価格と内容量

Amazon:税込5,980円(30日分120粒の1日4粒)
楽天:税込5,980円(上記と同様)
公式サイト:税込5,980円(上記と同様) 定期購入:税込5,500円 3本セット:税込15,960円

単品購入の場合どのサイトも同じですが、公式サイトの場合は定期購入による割引があるので、公式サイトで購入するのが一番お得でしょう。

ミトコンドリアとは?

ミトコンドリアとは、わたしたち生物の細胞の中にある、独自のDNAを持った小器官のことで、「ATP」というエネルギーのもとを作る働きがあります。わたしたち人間は、呼吸をして酸素を取り入れ、酸素は血液により細胞へと運ばれて、そこでミトコンドリアにより、ATPが作られるのです。つまり呼吸によって取り入れられた酸素と食事から摂り入れた栄養からエネルギーを作り出すという重要な働きを担っているのがミトコンドリアなのです。私たちが活動したり、体温を維持したり…、もっと言えば、生きていけるのはミトコンドリアのおかげであると言えるでしょう。しかし、残念ながら加齢とともにミトコンドリアの質は低下していきます。その結果代謝が悪くなり、様々な体調不良の原因となってしまいます。

ミトコンドリアサプリの効果

効果① 女性の妊活効果

女性は加齢にともない、卵子が老化していきます。卵子の老化、つまり卵子の質が低下していくことにより、妊娠率も低くなってしまいます。そして、卵子の老化にはミトコンドリアが関わっている事がわかってきました。卵子の健康のためには、ミトコンドリアが正常に働く必要があるためと言われています。しかし、加齢とともに、細胞内のミトコンドリアの量は減少し、質も低下していく事がわかっています。そこで、ミトコンドリアサプリを摂取する事により、卵子の細胞内のミトコンドリアを活性化させ、妊活効果をアップさせる事が期待できるわけです。

効果② 男性の妊活効果

加齢によるミトコンドリアの量の減少や質の低下というのは、女性だけでなく男性にも言える事です。そして、精巣の細胞におけるミトコンドリアの質の低下は、精子の数の減少、精子の運動率低下等を招いてしまい、その結果妊娠率の低下につながってしまいます。女性と同様、男性もミトコンドリアサプリを摂取する事で、精巣の細胞内のミトコンドリアを活性化させ、精子の量・質が上がる事により、妊活効果のアップにつながる事が期待できます。

効果③ 更年期の疲れや肥満対策

一般的に閉経前後の約10年間を女性の「更年期」といいますが、女性ホルモンの減少により、自律神経のバランスが崩れたり、代謝が悪くなる事で、疲労、やる気がおきないなど様々な体調不良を招いてしまいます。また、代謝が悪くなる事により、今までと同じ生活をしていても太りやすくなってしまったり、お肌の状態も悪くなってしまいます。悪くなった代謝を上げるには、ミトコンドリアサプリなどによって、細胞内のミトコンドリアを活性化する事が大切です。

効果④ 加齢による生活習慣病の予防・改善

人は加齢により、筋肉も劣化・減少していきます。筋肉の中にはミトコンドリアが多く含まれていますが、加齢によって筋肉内のミトコンドリアも劣化してしまいます。ミトコンドリアが劣化する事で、酸素をエネルギー化する過程で産生される活性酸素の量も増えてしまいます。活性酸素が過剰に増える事で、様々な生活習慣病を惹き起こしてしまいます。ミトコンドリアサプリを摂ることによって、筋肉細胞内のミトコンドリアを活性化して、活性酸素の過剰な産生をおさえる事が期待できます。

効果⑤ 美肌効果

ミトコンドリアサプリを摂る事により、細胞のミトコンドリアが活性化すると、お肌の弾力や潤いのもととなるコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す「線維芽細胞の働き」も活性化されると言われています。つまりお肌を体の内側からキレイにする効果も期待できるのです。

ミトコンドリアと一緒に摂ると効果的な成分

ミトコンドリアサプリを摂る事による効果を述べてきましたが、サプリと共に摂る事で、さらにミトコンドリアの活性化に効果的な成分があります。活性酸素が増えてしまう事で細胞が劣化し、ミトコンドリアの働きも悪くなってしまいますので、活性酸素を除去する効果のある、「抗酸化物質」を含む食品を摂る習慣をつける事が大切になってきます。
代表的な抗酸化物質には下記の成分があります。
・ビタミンC…緑黄色野菜(パプリカ、ブロッコリー、パセリなど)、果物(イチゴ、キウイなど)
・ビタミンE…ナッツ類(特にアーモンドなど)
・ポリフェノール…緑茶、コーヒー、プルーン、チョコレート
・ミネラル類…海藻、魚介類
・ルチン…そば
・カルテノイド…トマト、にんじん、ほうれん草など
・ファイトケミカル…にんじん・じゃがいも・タマネギのスープなど

ミトコンドリアを活性化させたり、活性酸素を除去するには、サプリや食べ物だけでなく、日頃の生活習慣を見直す必要もあります。
・紫外線にあたりすぎない
・添加物を含む食品は出来るだけ控える
・油っこい食事を控える
・タバコを控える
・ストレスをなるべくためない
・適度な軽い運動をする
など…

ミトコンドリアサプリに副作用はあるの?

ミトコンドリアサプリの副作用は基本的にありません。
病院等で処方された薬に比べると、副作用の報告は無いのです。
ただし、原材料や主成分に含まれているアレルギーがある方にとっては、それらが副作用になります。

ミトコンドリアサプリの飲み方

基本的には水と一緒に飲むようにしましょう。
錠剤タイプやカプセルタイプ、粒タイプ以外の液状タイプ系の水無しで飲めるものも存在した場合は、説明書きにしたがって服用して下さい。

なお、1日2回や3回と記載されているものに関しては、1度に1日分を服用せず、時間帯を分けて飲むようにして下さい。
例えば、1日3回なら朝・昼・夜か就寝前に。1日2回なら朝と夜か就寝前に分けて飲むようにしましょう。
分散することにより、効果を持続することができ、より良いミトコンドリアを生成することができる為です。
特に、就寝前は効果をより高く得ることができるので、就寝前になるべく1粒飲むようにしましょう。

飲むタイミング

基本的にはいつでも大丈夫ですが、従来のサプリと違って飲み方に工夫があります。

ミトコンドリアサプリは抗酸化物質が含まれていることが多く、この抗酸化物質がミトコンドリア生成の一助となるのです。
抗酸化物質は、食事中や食後に服用すると、吸収率が下がり効果を弱めてしまう恐れがあるので、空腹時や食前に飲むと効果を高めることができます。
ただし、空腹時に服用すると、胃に負担をかける恐れがありますので、体質に合わない場合は避けるべきでしょう。

理想としては、食前と就寝前がオススメです。
とは言え、あくまで理想なので、コンディションや体質に合わせて、自身に合ったタイミングで服用して下さい。

コーヒーやお茶で飲んでも大丈夫?

カフェインが含んでいるせいか、サプリの効果を阻害する恐れがある為、コーヒーやお茶での服用は避けて下さい。
勿論ですが、アルコールもNGです。
そもそも、上記の飲み物は、サプリの効果を阻害する恐れがある以前に、妊活に悪影響を及ぼす可能性があるので、飲用は極力避けるべきでしょう。

一緒に飲んではいけない薬はある?

基本的には問題ありません。
ただし、処方された薬によっては体質に合わない可能性もありますので、気になる場合も含めてかかりつけの医師や薬剤師に相談すると良いでしょう。

他の妊活サプリとの違い

従来ミトコンドリアサプリが妊活サプリの位置付けされています。
それは、ミトコンドリアの性能を活性化させる為の抗酸化物質が豊富に含まれているからです。
他のサプリにも妊活効果が期待できるものがありますが、具体的にどのように違うのかを解説致します。

ミトコンドリアサプリとミドリムシサプリの違い

通称ユーグレナと呼ばれるミドリムシサプリですが、ミトコンドリアサプリとの違いは、「十分条件か必要条件か」です。
少々難しい話になる為、解説致します。

ミドリムシサプリには「ユーグレナグラシリス」という、ミドリムシがダイレクトに入った成分が基本となっています。
実はミドリムシサプリも抗酸化作用が含まれているものが多く、ミトコンドリアの性能を活性化させる成分が多く含んでいます。
ミドリムシサプリの商品には、妊活にも役立つと謳っている解説がありますが、間違ってはいません。
何故なら、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの成分が59種類ほど含まれているからです。

しかし、ミトコンドリアサプリというのは、ミトコンドリアというダイレクトに入った成分は無く、ミトコンドリアを生成する為の原材料や成分が入っているのです。

その為、「ミトコンドリアという成分は無いが、ミトコンドリアの性能を活性化させる成分が多く含んでいるもの」がミトコンドリアサプリで、「ユーグレナグラシリスというミドリムシの成分が入っているもの」がミドリムシサプリになります。
つまり、ミドリムシサプリは、ミトコンドリア生成の一つの成分なのです。
「ミドリムシ→抗酸化作用→ミトコンドリア活性化」という位置付けとなります。

要するに、「ミドリムシはミトコンドリアを活性化させるための十分条件ですが、ミトコンドリア活性化はミドリムシである為の必要条件」となるのです。
果物の解説が分かりやすいですが、ぶどうは果物の一種ですが、果物はぶどうの一種ではないですよね。
それと同様で、ミドリムシはミトコンドリア活性化の一種ですが、ミトコンドリア活性化はミドリムシの一種ではないのです。

その為、ミドリムシサプリは妊活としての効果が低いのが特徴的です。

ミトコンドリアサプリとマカサプリの違い

こちらも上記の必要条件・十分条件と同じな上に、マカがダイレクトに含んでいますが、全体的な成分を分析すると、ミドリムシサプリより効果は低めです。

マカに関しては、ミネラルが4種類、アミノ酸が16種類と計20種類ですが、ミドリムシサプリは、ビタミン14種類、ミネラル9種類、アミノ酸18種類、不飽和脂肪酸11種類、その他(GABA、ルテイン等)7種と、59種類もの栄養素が含まれています。
それだけ多くの栄養素が含まれていながらもミトコンドリアサプリに劣るのは、妊活サプリとしての栄養素が低いからです。
そんな中でマカに関しては、ミトコンドリアサプリに比べて妊活としての効果はさらに低めと言えるのです。
それ以前に、マカは抗酸化作用もあることからミトコンドリアサプリの成分の一つに含まれていることが多いので、わざわざ単体で摂取するのも悩みどころになるでしょう。

ただし、ミトコンドリアサプリに比べて値段はお手頃なので、低価格で不妊対策を試してみたい方にはオススメです。

ミトコンドリアサプリと葉酸サプリの違い

マカと解説が近いのですが、抗酸化作用が含まれている事からか、ミトコンドリアサプリの栄養素の一つとして考えるのが良いでしょう。
どちらかと言うと、不妊対策というよりもマタニティ時に不足しがちな栄養補給の一環として補うもので、ミトコンドリアサプリのような効果は得られない可能性が非常に高いです。
その代わり、値段はマカサプリよりもさらに安いです。